私の浅草(萬盛庵物語) 沢村貞子 著

むかし、浅草観音音堂の裏手一帯は、奥山と呼ばれていた。私が子供のころ、そこに萬盛庵という大きなそば屋さんがあった。大通りから観音さまへ抜ける路の角にある、船坂塀にそった冠木門から、きれいな庭が見えた。三百坪はたっぷりあると思われる敷地に母屋をとりまいて、いくつかのしゃれた離れが建っていた。その、部屋から部屋をつなぐ小道沿いのじゃり浜の、ところどころに、大きなつくばいがあって、いつも、冷たいきれいな水が溢れていた。格好のいい松や紅葉、つげ、慎のあいだには、梅、桃、椿、牡丹から藤まで、四季おりおりの花が咲き乱れ、毎日のように脚絆姿の庭師が入っていたように思う。店に働く人たちの、キリリとした身仕舞いのよさにも、老舗の伝統が感じられた。食べもの屋らしく、白粉気のない女中さんの、小ぶりの銀杏返し、前かけにかいがいしいたすき姿、とりわけ、わけへだてない、行儀のいい客扱いは評判であった。「なんてったって萬盛庵さ、主人のお仕込みが違わぁな」浅草の人たちは、それをわがことのように誇りにしていた。

前の記事へ     次の記事へ

お客様各位

いつも当店をご利用頂きまして、誠に有難うございます。ご迷惑を お掛け致しますが、土日祝日はEメールからのご予約やお問い合わせにはご対応できません。大変申し訳ございませんが直接各店舗へお電話にてご連絡いただけますよう宜しく御願い致します。
お手数をお掛け致しますが 、ご理解の程宜しくお願い致します。

魚町店:093-551-2849

井筒屋店:093-522-2887

下関大丸店:083-229-5000

PAGE TOP