書物の中の萬盛庵

沢村貞子著『私の浅草「萬盛庵物語」』や矢田挿雲著『江戸から東京へ』、永忠順著『世間よもやま咄・おじいさんの日和下駄』、今和次郎『新版 大東京案内』、森茉莉『父の帽子「幼い日々」』、川端康成『浅草紅団』など、様々な書物の中に『萬盛庵』が登場していることからも、多くの文化人たちからも愛されてきたことが伺えます。

前の記事へ     次の記事へ

お客様各位

いつも当店をご利用頂きまして、誠に有難うございます。ご迷惑を お掛け致しますが、土日祝日はEメールからのご予約やお問い合わせにはご対応できません。大変申し訳ございませんが直接各店舗へお電話にてご連絡いただけますよう宜しく御願い致します。
お手数をお掛け致しますが 、ご理解の程宜しくお願い致します。

魚町店:093-551-2849

井筒屋店:093-522-2887

下関大丸店:083-229-5000

PAGE TOP